電話_逗子駅前鈴木眼科医院メール_逗子駅前鈴木眼科医院

「白内障手術の無料説明会 」のご案内
[日時]
◆8/25(土) 14:00~
 鎌倉小町通り眼科
◆9/18(火) 13:30〜
 戸塚駅前鈴木眼科(戸塚区総合庁舎3F多目的スペース)
◆9/21(金) 15:30~
 逗子文化プラザ市民交流センター 第2・3会議室
◆10/30(火) 13:30〜
 戸塚駅前鈴木眼科(戸塚区総合庁舎3F多目的スペース)


説明会は準備の都合上、予約制となりますので、参加ご希望の方は、お電話、またはメールにて、ご予約をお願い致します。  
メール : hakunaisyou@suzukiganka.com
フリーダイヤル
0120-972-964

 

お役立ちリンク集

▶戸塚駅前鈴木眼科

大宮七里眼科

鈴木耳鼻科眼科医院

鎌倉小町通り眼科

鎌倉小町通り眼科ブログ

▶鎌倉近視老視クリニック

タカキョーコンタクト逗子店

サザンコンタクト 藤沢店


逗子駅前鈴木眼科医院

〒249-0006
神奈川県逗子市逗子5-2-53-三盛楼ビル4F

046-874-0404

eye@suzukiganka.com

 

白内障 緑内障 ドライアイ
加齢黄斑変性 糖尿病網膜症 弱視

弱視

 めがねやコンタクトて矯正しても視力が出ない事を「弱視」といいます。
 子供の視力は、ものをよく見る事によって発達しますが,発達時期に、遠視や斜視などでものがよく見えない状態(目に入った映像は「網膜」に映し出されるが,網膜にピンぼけの像しか写らない状態)が続くと視力が発達せず、それ以上の視力が得られなくなる「弱視」になってしまいます。


■主な弱視の原因

(1) 斜視

(2) 2.0D以上の不同視(左右の目の屈折度が違うこと)

(3) 強度の遠視

(4) 視性刺激を遮断する疾患
  先天性白内障、先天性眼瞼下垂など

■弱視の予防、治療

 正確な診断、早期発見/早期治療が重要です。

遠視や斜視がある場合は、網膜にピントの合った像を映すようにします。

(1) 度数のあっためがねを常にかける。

(2) 弱視になっている眼を積極的に使わせる(弱視訓練)。
 アイパッチで健康な眼に目隠しをして、弱視眼をより多く使わせるようにします

 

 *視力の発達は6歳〜10歳までです。


  早期発見で弱視の原因を取り除く事が大切です。